哲学 (5): 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

2015年03月07日

シンプルだからこそ真理なのだよ いずれ俺が証明してやろう



By みどりましんたろう

しんちゃんの言うとおり


シンプルが


求められている時代

なんですよ今は



情報化社会だからこそ



シンプルでならなくては

ならない



シンプルで成功しているものなんて


くさるほどある


アイホォンだってシンプル


ドロップボックスだってシンプル


サイトだってシンプル



LPだってシンプルなんです



海外のトップマーケッターの


LP

ランディングページを


見てみるといい


ちょ〜シンプルですよ


あんなんで

成約率八割とかあるんです



ほんと 日本ぐらいなもんですよ



なんかデザインで

派手にしているのは


だから ダメなんです



ドロップボックスだって

ちょ〜シンプル


あれ以上シンプルには


出来ないってぐらい

シンプルですよね



無駄なものが


一切ない



成功しているホームページも ほとんど


シンプルが多い



シンプルだからこそ真理なんです



数学だって


物理だって


途中式は複雑でも



答えはシンプルでしょ



答えはいつでも

シンプルなのに



それを信じない人が
多い



宗教や哲学だって


抽象度が高いけど


シンプルにしているのは

多いんだよ


人間は考える葦である

とか

我思う 故に我あり

とか さ


宗教だったら

アーメンとか


シンプルに

それだけを言っている



つまり


複雑にインプットしたものを


シンプルにアウトプットしないといけないんです



情報空間において


シンプルほど



大事な


ことはない
posted by 大森 at 04:24 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

本質を見つける為には



本質を見つけるには


抽象度を上げないと

いけません


哲学や宗教が

難しいのは 本質的だからこそ



木で言うと


幹があり 枝があり

木の葉があるが


幹が本質で

木の葉が 具体的な
テクニックやノウハウのことです



前に 長期的な視点が

必要と書いたけど


本質的に捉えていかないと

長期的にやっていくのは
難しいです


なぜなら

木の葉だけだと

すぐに枯れてしまうから

ちゃんとした

幹を育てる必要があります


でも木の葉と違い


幹を育てるには

時間がかかります


それこそ 数年ぐらいは

かかってしまいますが


その 数年頑張っただけで


残りの人生が

豊かになったら

嬉しくはないでしょうか?


変わるものと

変わらないものを

見極める必要があるのです



僕はこれを

SEEDを育てると言っています


このSEEDは

人それぞれ違うので



一概には言えませんが



ポイントとしては


長期的に役立つもので


自分が好きなこと

もしくは得意なこと


に なります



SEEDは自分の中にしか

有りません



あなたの潜在意識に

聞いて見て下さい


そこに


成功のタネが


隠されているのですから
posted by 大森 at 03:44 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

ハンターハンターのジンフリークスで見る成功哲学



ハンターハンターには

ジンフリークスという


キャラクターがいます


ジンフリークスは


ハンターハンターに

出てくるハンターの


なかでも特別な存在


一切情報を表には

出さないし


人の名前をかってに変えてしまうぐらいの
実力の持ち主

あの ネテロ会長も

認めていたほどだ


一言で言えば

変人だろう


でも 人望もあるし


彼を尊敬してる人も多い


まさに 本物
のハンター



そんな 彼が


アニメの最終回で


自分の息子である

ゴンにこう言った



道草を楽しめ 多いにな



この言葉は本当に深いと思う


これはね

成功マインドってよりは


成功哲学に近いものがあるし



僕が提唱している


ピラミッドタートル
成功マインドに近いものがある



ジンフリークスは

いわば 冒険家であり

考古学者でもある


彼が言っていた


世界地図の外側にある

世界があると


これはアニメの話だけではなく


現実世界にも

当てはまることである



かつて


コロンブスが
アメリカ大陸を

発見したように



この世界にはまだまだ

未知の領域が存在している


でも 彼は

それを急いで発見しようなんて思っていないし


むしろ 遠回りをしている


それは なぜか


彼は仁義のある人間だし
まさに成功者のマインドを持っている



本当に大事なものを
見つけたからこその



答えだろう




そしてここからは

現実世界の話になるが


世界は本当に不思議だよね


世界遺産はなぜか一直線上のラインに集中していたり


ピラミッドとマチュピチュは

同じ石が使われていたり

沖縄とマヤ文明がつながっていたりね


実際に沖縄の海底遺跡から証拠が出ているらしい

大陸って昔は全部つながっていたんだよね



ようするに

太平洋 大西洋 インド洋 とかって あるけど

あそこも昔は大陸が
あった


太平洋に隠された大陸は
ムー大陸とも呼ばれている


この世界地図は

残念ながら真実ではない

三次元の世界ですら


全部はわかっていないし
四次元以上を証明出来てもいない



この世界には

色々と不思議な力が
存在している


スピリチュアルみたいに

聞こえるけどそうじゃないんだよ


この世界って

簡単に言えば


宇宙エネルギーで 出来ている

地球も 動物も 人間も全てそう


元を辿ればそこには宇宙がある


人間と宇宙はつながっている


これが真理かも知れない ね



まぁ 誰も信じないだろうけど


あと百年もすれば

証明されるかも知れない


ホントね



目に見えている世界なんて

たかだか知れているからね



見えない 情報空間の

向こう側に何かが

あるのかも知れない



大事なものは


目には見えないでしょ



そこがポイントなんだよ



あと もう一つ



そう考えてみると



我々は宇宙人だし


それいがいも宇宙人である


つまり 宇宙人は存在していることになります



これも


ピンと来ないと思うけど


100年後の教科書には

きっと載っていることだろう



例えば 100年後とか

千年後とかの世界は


見れる可能性はあるんだよ



これはいわゆる

長生きするとか

不老長寿とか

脳みそを保存するとか



そうゆうことでは

ありません



これはさすがに



シークレット情報なんで


ここでは言えませんけどね




まぁ 千年後に


人類がいればの話ですけどね




信じるか 信じないかは






あなた 次第です
posted by 大森 at 06:53 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら