7つの習慣: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2015年06月12日

【最強の成功マインド】7つの習慣を知らないとか アホなのか

・7つの習慣まとめ


7つの習慣とは人間が成長するために大切な7つの心がけを 

体系化した思想である



これからの人生の成功確率は? 



1 常識や空気を読むことを意識しすぎた行動が多い 

2 思い通りにいかなくてイライラすることが多い 

3 仕事やトレーニング 買い物などあまり計画的に実行しない

4 今の自分にやりがいや目的を見出せていない 

5 やりたいことが後回しになっている 

6 家にいるときは なんとなくテレビをつけている

7 人生は競争であり強者がかつのが真理だと思っている

8 成功のためには 誰かを蹴落とすことも仕方ないと思う 

9 人の話をさえぎってまで 自分の話をする 

10 会話が でも だけど で始まっていることが多い

11 交渉とは妥協点を探し相手の譲歩を引き出す作業だと思う

12 考え方やタイプが似ている人といたほうが楽しいと思っている

13 漫画は読むけど 活字の本はあまり読まない 

14 運動はとくにしていない 



イエスの数が3つ以内の人は 

90%以上の確率で成功しますよ 




・私たちは世界をあるがままに見ているのではなく 

私たちのあるがままに世界を見ているのである 


つまり自分の都合のいい事実しか見ていないのだ 


事実が真実だとは限らない





・人格主義は私たちの人生を支配する原則が存在する 

という基本的な概念に基づいている 

人間の生活にも自然の法則がある 




・人間の成長過程にはしかるべき順序とプロセスが存在する 

各段階ともそれぞれ大切であり 

またそれぞれに時間がかかるどの段階も飛ばすことはできない 


成長するには習慣という過程が必ず必要である 


いかに行動を習慣化できるかが大事




・効率を上げることが本当に問題の根本的な解決になるとは限らない

より少ない時間でより多くのことを成し遂げるだけで 

本当に生活がよくなるのだろうか 


表面的な問題にとらわれてはいけない 



・インサイドアウトとは自分自身を変えることから始めるということ

であり自分自身の根本的なパラダイム 人格 動機などを 

かえることから始める


自分がかわらなければ 相手も変わらないのである




・習慣は知識とスキルとやるきという3つの要素からなっている

生活の中で習慣を確立するためにはこの3つの要素がどれも必要である 




・私的成功は必ず公的成功に先立つものである 

種をまくときに収穫することができないように 

このプロセスを逆にすることはできない 



・直接的 間接的 あるいはまったくコントロールできない

問題のいずれにせよ その解決の第一歩は 

私たちの手に委ねられている 



・刺激と反応の間に人間だけに与えられた素晴らしい力が存在している 

それが反応を選択する能力である 




・主体性を発揮するとは 

率先して行動して環境を変えていける人間になること

それは人生に責任をとることでもある 




・時代を超えた不変的な原則を自分の生活の中心におくことにより

効果的に人生を営む正確なパラダイムをもつことができる 



世間に流れないように 自分だけの原理原則を持つことが大事である 



そのために ミッションステートメントをもつこと 



・公的成功とは他人を負かすことではない 

それは関係づくりに成功することであり かかわっている全ての人が

相互利益を獲得することである 





・人間関係で成功するためには 

信頼残高を高めていく必要がある 

信頼残高を高めていくには 


相手のことを理解する 

約束を守る 

誠実さを示す 

心遣いや礼儀を大事にすること





・長期においては両方が勝たなければ両方の負けになる

だから相互依存の現実においては 

WinーWin以外に現実的な方法はないのである 




・まず相手を理解するように努める 

そのあとで自分を理解してもらえるようにする 

この原則がコミュニケーションの鍵である 



・相乗効果こそが原則中心リーダーシップの本質である 

それは人々に内在する大きな力を引き出し統一してくれる



・つまるところ人生にたちむかうためにそして貢献するために

使える道具は自分自身しかないのである 

だから自分自身の価値を高めていく必要がある 



・運動することで得られる最大のメリットは 

第一の習慣である主体性という精神的な筋肉を鍛えることだろう




・7つの習慣には更に続きがある それが第8の習慣である 

第8の習慣とは人間精神のボイスを呼び覚ます 

その声は希望と知性に満ち溢れ 

本質的に力があり 共通の利益に寄与する無限の可能性がある


ボイスとは 

ニーズや良心 情熱 自分の才能のこと


自分だけのボイスを見つけて それを伸ばすことで 

人生はより豊かなものとなる 










・第1の習慣をものにするためには 

自分の弱点を弁護したり 他人のせいにしないこと 

問題に直面したときは どうしたらできるのか

色々なアプローチをとってみること 

愚痴や悪口を言っている人間とはあまり関わらないことである 




・第2の習慣をものにするためには 


自分の最後にどんな人だったかと思われたいか 

そう思われるために何をすべきかを考えてみる 

身近な問題について 

望んでいる結果とそのために必要な行動や計画などを書いてみること 




・第3の習慣をものにするためには 

生活の中で緊急性はないけど 

重要な活動をより多く実行していく 

そして 役割と目標をはっきりさせて 

1週間の計画をたてていく 


自分ではできないことは人の力を借りる方法を考えること 





・第4の習慣をものにするためには 

WinーWinの関係を作るためにその障害と 

相手の望んでいることを明確に把握して 


お互いが満足できる結果になるように最善をつくすこと


・第5の習慣をものにするためには

相手のことを理解することから始める 

そしてうまくいっていない人とは 

その相手の問題を書きとめておき 実際に相手の立場を理解しながら 

聞くようにし 予測と現実を比較する 



・第6の習慣をものにするためには

現在進行中の問題で 自分の意見に固執していないか 

異なる意見に価値を見出す 

そして相乗効果がほしい状況を想定し 

それに対して自分のできることを書き出してみること




・第7の習慣をものにするためには


自分の健康状態を良好に保つために継続できる 

活動をリストアップし 計画をたてる 

そして毎週 

4つの側面それぞれを磨く活動を決意 実行し 実績を評価する
タグ:7つの習慣
posted by 大森 at 17:28 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 7つの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら