愛と感謝と人格と: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2015年03月20日

愛と感謝と人格が最強のマーケティングである

以下黒川さんのメルマガの引用文になります。


僕は、コトラーのマーケティングなど基本書全部や
ダイレクトレスポンスマーケティング関係の書籍ならば
全部持っていると思います。調査と勉強のためです。
もちろん辞書的に使っているものもあります。
(あ、コトラーのマーケティングの本って9000円くらいします)

でも、正直にいっちゃいますね。

マーケティングはいりません。

マーケティング、マーケティングって言っている人って、
小さいビジネスをしている人がほとんどなんです。

僕が、プロデューサーとして数十億とか、数百億を経営している
オーナー社長やタレントさんや、大富豪に会うと
みんなこう教えてくれました。

それは、俺が成功したのは運だと思う。
みんなが協力してくれたから。
時代のタイミングが良かった。
偶然が重なった。とか、かならずそういう話しになります。

そうなんです。

成功って「運」なんです。

本当ですよ。

秋本康さんも同じこと言ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の仕事をする前に、もうひとつだけお話ししておきましょう。
成功するためには、何が必要か?
.........運です。
僕はこの38年間、スターと呼ばれる人たちを見て来ました。
僕も何人もプロデュースして来ました。
そこで見たものは、運です。
どんなに実力があっても、
運がないとスターにはなれないのです。
じゃあ、努力をしていても無駄なのか?
努力は報われないのか?
そんなことはありません。
努力は必要です。
言い方を変えれば、
努力は成功するための最低条件です。
みんな、必死に努力して、
じっと、チャンスの順番を待つしかないのです。
大ベストセラー「もしドラ」を
書いた岩崎夏海は、僕について16年後に成功しました。
僕のドライバーをやっている時も、
ずっと、小説を書いていたんですよ。
いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。
自分の境遇の悪さだけを嘆いていても始まりません。
頑張れとしか言えないんだ。
僕がチャンスを作っているのではありません。
僕からのチャンスを待っている間はだめですね。
「私だって選抜に入れば...」
「私だってドラマに出れば...」
「私だってコマーシャルに出れば...」
それがチャンスだと思っているかもしれませんが、それは違います。
それは、チャンスの出口です。
みんなに見つけて欲しいのは、
チャンスの入り口です。
例えば、松井咲子。
彼女のチャンスの入り口は、
音大に入ったことです。
趣味の域を越えているから、
代々木でコンサートをやった時、
「ポニーテールとシュシュ」を
弾いてもらったのです。
「TEPPEN」にも繋がり、
ぐぐたすで、さらにブレイクした
ということです。
アルバムを出すのは、
チャンスの出口です。
このアルバムを名刺がわりに
どう進むか?です。
選抜も、コマーシャルも、番組も、
僕が一人で決めているわけではありません。
最終決定権は僕にありますが、
いろいろなスタッフの意見を聞きます。
そこに、もっと、いろいろな名前が出て欲しいんですよね。
つまり、松井咲子のような小さな努力や運が見えて来ないんです。
今の自分にできることを考えなさい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはネットに掲載されていた文章ですが、
ほら運でしょう?

だから、マーケティングが上手でも、売れない人は売れないですよ。

いくらPPC広告や
アフィリエイトマーケティングができても、
コピーライティングができてもダメです。

技術じゃないんです。
成功って。

「心なんす」

本当

「心なんすよ」

本当に。

僕も、一応、プロデューサーなので、
1000万部以上売れている本や
100万以上売れているCDは全部調べています。
成功している上場企業や、
一流企業は全部調べていると思います。
ちゃんとフォーブスも読みます。

そして、よーく調べてみると、

100万売る方法とか、1000万部売る方法って
「奇跡」みたいな偶然が重ならないと無理だってわかるんです。

なんかこう
神様が応援してくれているというか。。

そういうかんじです。

昔、ウッチャンナンチャンの番組で、
「ポケットビスケッツ」ってあったの知ってますか?

懐かしいですか(笑)

あのとき、千秋さん、
歌手になりたくて、番組企画で歌を出す予定なかったのに、
千秋さんの思い一つで
ポケットビスケッツができて、

「YELLOW YELLOW HAPPY」

という名曲ができたんですよね。

150万部うれたそうです。

なんでミリオンにいったのか。

ネットで調べてみるとこんなことが書いてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ポケットビスケッツ人気の背景
3曲のミリオンヒットを記録するなど「企画もの」
としては異例の人気を博したが、既述の通り、
当初はメインであるMckeeの添え物であった。
番組 ディレクターの塩谷祥隆は、「最初の感触では
『売れる』という予感はなくて、あとから人気が
追いかけてきたっていう感じだった」と語り[14]、
東芝EMIのディレクター・長井信也は
「こちらの予想を上回る、大きな成長ぶりを見せてくれた」
と述べた[30]。また内村は「Power」
発売前のインタビューにおいて、
「普通、企画物は一発で終わるけど、
ポケビはもう4年目。こんなに続くなら、
念入りなメークにしなかったのにな[25]」とこぼすなど、
いずれもポケットビスケッツの活躍は
予想外のものだったとしている。
人気の背景について、プロデューサーの土屋敏男は、
「ポケビがここまで大きくなったのは、
チアキの『ポケビを存続させたい』という
ダイレクトな気持ちが、視聴者に伝わった
結果じゃないでしょうか」と述べている[8]。
スポーツニッポンの特集記事では、
「形はちょっと変わっていたが、それでも
夢をかなえた千秋に感情移入する視聴者の応援に加え、
ポケビはいつも解散の危機にさらされながら活動を
続けていたことが周囲の共感を呼んだ」としている[31]。
塩谷は「解散シリーズなんかでは、番組としては、
本当にできなかったら解散になってもいいって
心づもりがあって、それに対してチアキががんばる。
真剣にグループとしての生命がかかっていたという緊張感が、
ただの企画ものグループと違うところですね」と述べている[14]。
またスポーツニッポンでは「価格も当時CDシングルの
標準だった1000円の半額の500円に設定したことで、
小学生ら子どもたちが買いやすかったのもヒットの要因となった」
と分析している[31]。この価格は、「もうけるためでなく、
少しでも多くの人に彼らの曲を聴いてもらいたい」
という考えから設定されたものであった[26]。
パッパラー河合は、「同時期に猿岩石も売れていて、
やっぱり企画ものって言われたけど、
企画のない音楽ってあるのかな……という気がしますね。
音楽をやらない人を集めてグループを作ると企画もの
と言われるけど、音楽が良ければいいんじゃないかと思います」
との感想を述べ[12]、 長井信也は「ポケビは、
3人の個性をビジュアル的、かつヒューマンな形
で形で表現したグループだと思います。
チアキの持つひたむきさと、音楽を愛する気持 ち。
テルさんの、シビアだけど、暖かいまなざし。
ウドちゃんの人がらの良さ。すべてがポケビの力
になっていると思います。テレビから生まれた
ミュージッ ク・グループとしては、最高のグループ
だと確信しています」と総評している[30]。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が、いろいろ調べた音楽グループの中でも、
奇跡的な売れ方をしているのは
このポケットビスケッツだと思います。

確かに、テレビ番組の企画なので、
テレビというメガ宣伝媒体があるので売りやすいじゃないかって
思う人もいるかもしれないんですけれども、
そういうもんじゃないんですね。
裏方を知っている人ならばわかると思うのですが・・

(テレビで宣伝しても売れないものは売れないんですよ。本当に。)

テレビに出ても売れない人が99%なんです。
本当です。いろいろな番組の裏を知っているので
正直にいうと、本当ですよ。

みんな自分を売りたいって思ってます。
でも売れません。99%売れないんです。
本当に。。

じゃあ売れている人ってどんな人なのっていうと、
マジで運がいい人なんです。

そして、運というのを僕が詳細にコピーライティングしてみると、
「心のピュアな人」「思いの強い人」「みんなに愛される力のある人」
なんです。

こういう人でないと売れません。

逆にいえば、運がよければ、下手でも売れます。
応援者が、強烈に応援してくれるからです。

今、音楽界で売れているあのグループや
あの人や、あのチームは、裏のバックのおかげで売れていると
僕は完全に熟知しています。名前は言えませんが・・・

売れるっていうのは、
完璧に運です。

だから、マーケティングを勉強しても、あんまり効果ありません。

だって、狙っても当たらないから(笑)

マーケティングっていうのは、
的に当てるという意味で、対象者を決めて、
その対象者の気持ちにたって
商品をつくり、流通する全般の流れをいいます。

でも、マーケティングできなくても売れちゃう人もいっぱいいます。

そういう人が、実は100万枚とか
1000万部を売っているのです。

じゃあ、そのミリオンヒットの秘密を教えてくれよぉ!

と言われるのならば、

その秘密を知っているので、言います。

「感謝」です。
^^^^^^

え?と思いました?

本当です。

常に感謝している人って、本当に恵まれているんです。

不思議なんですけれども、
小さい事にもお礼して、常にありがとうを言っている人。

こういう人って、人に恵まれるので、
なぜか奇跡が起こるんです。

そういう現場に何度も出会ってきました。

ありがとう、ありがとう、ありがとう
ってありがとうを言ってる人って
心がピュアだから、すごい会社がバックについていたり、
すごい宣伝上手の人が応援してくれたりするんです。
本当にこれ不思議なんですけれども。

だから、それをわかりやすくいうと、心が奇麗な人が成功します。
つまりピュアで思いの透明な人です。

でも、逆にいえば、思いが汚いというか、
汚れている人や、素直じゃない人って成功しません。
これは不思議なんです。本当に。

思いが奇麗。
心が奇麗。
行動が素直。
いつも感謝している。
ありがとうレベルが高い。

こういう人ってめちゃくちゃ成功します。
っていうか、どこでも成功します。

きっと思いが奇麗だから、みんなが応援してくれるのだと思います。

そして、素直に行動するから
成果もすぐにでるんです。

要は、せき止めるものがないって感じです。

みんな頭ぐるぐるして、やる気なくして、
自分で自滅しているんです。不思議なんです。これも。

でも、素直な人って透明性があるから、
聞いた事をすーっとやります。
わからなかったらすぐに聞きます。
できることを楽しくやります。
だからちょーカンタンに成功するんです。

要は心が奇麗なんです。

だから、成功します。

逆に言えば、心が汚い人が、一生懸命にマーケティングや
コピーライティングを勉強しても結果でません。

なぜならば、商売は人が買ってくれてなんぼだからです。
スタッフが頑張ってくれて成功するからです。

つまり、心の汚い人って
応援者が減るんです。
みんなが応援してくれないんです。
だから、絶対にうまくいきません。

そして、心の汚い人ってカンタンで、感謝の足らない人なんです。

つまり、
いつもイライラしていて
いつも否定していて
いつも愚痴をいっていて、
いつもやる気がなくて、
いつも楽ばっかり考えていて
いつも自分が貪ることばっかり考えている。
っていう、動物的な人です。

こういう人は、無理に頑張れば一時期成功します。

でも、すぐに消えます。
不思議なんですけれども、みんなが消そうとするような感じです。

逆に力を入れていないけれども、
みんなが応援したくなるようなピュアな人は
力を入れていないのに成功します。

だって、みんなが応援するから。

乾電池と同じです。

電池1個じゃ、電気つかないんです。

でも、電池が何個もあれば、
カンタンに電気つくんです。

これと同じです。

だから、運なんです。
運ぶって書きますよね。運って。

つまり、流れなんです。
運気って、みんなが運んでくれる力なんです。

このみんなが運んでくれる力をうまく使う人しか
100万のセールスとか、1000万のセールスはいきません。

だから、マーケティングって
ぶっちゃけると、いりません。

本当に、本当に、本当に成功している人は
マーケティングとか考えていません。

どっちかっていうと
感謝とか愛情のことを考えています。

むしろ、感謝のことしか考えていないかも。

あのレディーガガさんは、
ファンのことしか考えていないそうです。

だから、ファンが喜ぶことをいつも考えていて
そのために奇抜な格好とかしているそうです。

要は、みんなが喜んでくれることしか考えていないってことです。
みんながありがとうって、言ってくれることしか
考えていないってことです。

商売も恋愛も結婚も、夫婦関係、親子や、人間関係全部同じです。

ありがとうの足らないところから問題が起こります。

だから、僕はいつも
現場ではこんなこと言ってます。

マーケティング<ありがとう

だよって。

マーケティングやコピーライティング
プレゼンテーションや、セールスの技術がなくても
人が喜ぶことやありがとうと言ってくれることを
やればいいんだよって。

それだけ考えて、
小さい事をこつこつやればうまくいくって。

それだけしかないから。
マーケティングとか追わなくて良いよって。
むしろ100万のセールスとか考えるならば
いらねーかもしれない。

って言ってます。

真の成功者は、絶対に方法を無視しています。
教材とかも買わないですし、勉強もそんなにしてません。

だって、お客様の気持ちを考えて、
ほしいものを提供すればいいんですから、
お客様に欲しいもの聞けばいいし、
お客様の気持ち考えればいいだけだから、
そこに勉強や教材なんて必要ないんです。

だからマーケティングなんて基本以外は、勉強する必要ないし、
経営学とかもいらねーってみんないいます。
超成功している人ほど、みんな同じ事をいいます。

それよりも、人が喜ぶことや
人が楽しむことや、人がありがとうっていうことを
アイディア出そうぜ!ってかんじです。

僕は、何度も何度も伝えていると思うんですけれども、

どうしても、あなたに
ウルトラハッピーな経済的自由人
ウルトラスーパーハッピーな億万長者になってほしいんです。

あなたがそうやって成功するって
たくさんの人に役立つ活動をしないと無理だから。

だから

このメールを読んでいるあなたは
いつも僕のメールを読んでくれている可能性が大なので伝えます。

「マーケティングをディープに勉強するのやめてください」

ちょっとだけでいいです。
基本的なことだけで大丈夫です。
必要なところだけ辞書でひくかんじでいいです。
それ以上は、その都度、困ったときだけ、
必要に応じて勉強してください。

そして、人がありがとう!っていうことを今からしませんか?
実践のほうが重要です!

商売って、ありがとう!って言われることすればいいんです。
それだけ。

だから無料プレゼントしましょう!っていってます。

無料プレゼントして、
うぜー!とか言う人いませんから。
いいものを無料プレゼントすると、
自分も嬉しいし、相手も嬉しいし、
嬉しいという感情が得られるし、
相手から信用されるし、
いいことしかないんです。

だから僕の毎日って、今日は何をプレゼントしようかなぁ〜って
それしか考えていません。

マーケティング?

いやいやいや、全然考えていない。

というより、

「マーケティングとか考えている時点で二流だから。」

って、超成功しているあの先輩が僕に教えてくれました。
ちょーすげー会社の会長さんです。

「人間は魚じゃないから。
人間は感情を持った生物だから魚と全然違うから。
釣りじゃねーの。商売は。みたいな。」

そんなことをよーく教えてくれた人です。

特に今の時代は、広告をチェックしていると、
「マーケティングテクニックは逸品だけれど、なんかぶれているかもしれない」
っていう広告がよくあります。

つまり、結論からいうと、愛がねーってかんじです。

PPC広告上手かもしれないけれど、
愛がねーってかんじです。

ランディングページ鮮やかにデザインされているけれど
愛がねーってかんじです。

やっぱり人間は感情の動物ですから
愛情があるほうがいいですし、心があったほうがいいじゃないですか。

でも、なんかこう
ランディングページ自体が釣ろうとしているというか
ひっかけようとしているのが
丸見えなランディングページをたまにみかけます。
もちろん、僕も登録しません。チェックはしますが・・
感動がないんです。

そして、仲間たちにこれどーおもう?って聞くと
絶対に登録しないとか、反応しないとか、
お客様に聞いてみると、いやだなー僕は無視しますとか、
みんないいます。。

う〜ん。バレてるってことですね。

相手の魂胆が。。

それってすげー怖いことで、
マーケターの気持ちって、末端のお客様にバレているってことです。

だから、結局、純粋な思いしか通用しないっていうか
ありがとうの気持ちや、愛情のある事しか通用しない時代になったんですよね。

だからこれからの時代は
マーケティングを勉強するよりも、
広告の使い方をマスターするよりも、

「心を磨き、心を強化したほうが」成功がはやいです。

っていうか、
これは昔からそうなのかもしれませんが・・・

結局、心次第であり、積極的な振る舞いができるかどうか、
愛情があるかどうかだけですから。
センスが高いというか、フォースが高いというか、
気持ちが敏感というか、感性が豊かというか。

すばらしい人がやっぱり成功するんですよね。
本当に不思議です。

AKB48の人と何人か話したことあるんですけれども、
本当に、いい人ですよ。みんな。

ピュアな子しかいません。本当に。。まじで。

成功している、特に長年成功している芸能人の方で
人格の低い人は一人もいません。本当です。これはマジです。

なので、僕のメールを読んでくれているあなたは
「マーケティングとか気にすんな」と言いたいです。

それよりも、奇跡を狙えと言いたいです。

マーケティングが重要だよって言っている会社って
僕がちょーすげーって思って尊敬している会社の規模の
10分の1以下や100分の1だったりするので、
あんまり参考になりません。

ビルゲイツやマークザッカーバーグ(30歳)
イーロンマスクやウォーレンバフェットを尊敬しましょうよ。
日本人なら孫さんや、稲森和夫さんを尊敬しましょうよ。
世界一をみましょうよ。世界一を。

本物の企業ほど、
「心」で勝負しています。
現場はもうそうなってます。

だから、本当に心を重視してほしいです。
もうそういう時代に入ってますよ。

そして、愛情のない、心のないというか、
感謝の気持ちが少ないところって
どんどんお客様減っていっているように思います。

でも、やっぱり心のあるところって繁盛しているんですよ。

だって、その店で飯くって
気持ちいいじゃないですか。
やっぱり心があったら。
そりゃ行くし、リピートしますよね。

だから、マーケティングは基本的なことだけ学んだら、
あとはいかに心磨きするか、愛情を磨いて、
感謝のレベルを1000にしてほしいんです。

えーーー!
こんなちょーちっちぇーことまで感謝すんの?!
みたいな。

それくらい小さいことにまでありがとうを言いつつ
思いつつ、あとはピュアな思いですね。

成功するミュージシャンの人とか
漫画家の人って本当にピュアな人が多いんです。

ピュアだから声や存在感が違うんです。
不思議なんです。これも本当に。感性が違うんですよね。

だから、成功って技術じゃなくて、心です。思いです。素直さです。
愛情の手厚さです。

どんなに勉強しても心の無い人は
一生成功しない時代になっています。

心を入れれば入れるほど、成功します。
要は、協力者が増えて、口コミも増えるので
自然の顧客獲得システムができるってことです。

逆に言えば、形に入れば入るほど、成功しません。
広告費が高くなる一方です。
仮に成功しても、トラブルばかりです。
トラブルばっかり起して、最後、ひとりぼっちになる人がほとんどでした。

だから、成功は人格ですし、
心ですし、愛情ですし、感謝です。

マーケティング<感謝

なんです。

本当かよぉぉぉーって言う人におすすめしたい本が1冊あります。

それは

ロンダバーンさんの「ザ・マジック」という本です。

この本、超本物です。

具体的に、感謝のレベルを1000にするための実践ワーク本なんですけれども、
これで奇跡を起こした先輩を何人か知ってます。

完全にモノホンなので、
あなたの感謝レベルを1000にして
愛情を1000にして、
人格を1000にすることで、
存在価値を1000にしたい場合は、
ちょーおすすめなので読んでみてください。

ザ・マジック
http://mallow-ex.jp/Lh16/7761

そして、大事なことは、ビジネスはアイディアで勝負が決まるってことです。
つまり、法則は、現場に当てはめないと価値を生まないってことです。

いくら成功するパターンをしっていたとしても、
現場でうまく応用できなければ、
うまく活用できなければ、意味がないのです。

この本を使って感謝レベルが上がると、
お客様のために、またお世話になっているあの人のために
こういうことをしてあげたい!!って
自然にこみあげてくるものが出てきます。

そしたら、それを100%実践してくださいね。

感謝って、行動しないと意味ないですから。
あープレゼントしたいなぁって思っていて、プレゼントしない人いますよね?

こういう人は一生結果が出ない人なんですm(_)m

思ったことを1秒で実行出来る人が成功するんですね。
こういうのはナポレンヒルの思考は現実化するとかに
書いてある通りです。結局、積極的な心構え次第なんす。

だから、感謝しているだけじゃだめですからね??

インプットと同じで、アウトプットしないと、
割合的には、
アウトプット78%、インプット22%です。

アウトプットするためにインプットするのですから。

だから、もっとプレゼントの数を増やしたり、
みんなに喜んでもらったり、ありがとうと言ってもらえることをする。

これだけ。

これをもっとやりましょうってことなんですけれども、
不思議なことに、この感謝レベルが上がると、
奇跡が本当に起こり始めます。

いままでできなかったことが、カンタンにできたり、
夢が超スピードで叶ったりします。

マーケティングを極めるよりも、
僕は「感謝」を極めたほうが成功がはやいと思います。
いろいろな大先輩を見てきてこれは間違いないです。

つまり、個性主義よりも
人格主義のほうが成功がはやいってことだと思います。

要は、営業の仕方を学ぶよりも
「積極的心構え」を持つ方が成功が早いのと一緒です。

ビジネスの成功方法って時代によってすぐ変化しますから。
ノウハウもすぐ陳腐化しますから。
それ追っても意味ないすから。

それよりも、心磨き、人格磨き、愛情磨き、感謝レベルの上昇です。

そっちのほうがはやいです。
運気が上がって、
いい人が応援してくれたり、
最強のパートナーがつくほうが成功は早いんです。

だって、そう思いませんか?

自分一人で北海道に歩いていくよりも、
飛行機乗った方が早いでしょう。。。

飛行機にのったほうがはやいのよ。本当に。。。

これ、みんな気付いていないんです。本当に。。。。。。。。

一人じゃ成功しないのね。
本当に。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

成功している人って
メンターとか、チームとか、
すごい人に応援されている人が100%です。
マジです。本当です。
一人でうまくいった人みたことありませんから。
マジです!

一人ぼっちはつらいですよぉぉx。
だって、永遠に成功しないですから。
永遠に結果が出ないですから。
一人ぼっちの人って。

すべてはおかげさま。
合理的なマーケティング手法では、
1万とか30万くらいの顧客獲得が限界だと思います。

誰かが善意で応援してくれないと
大衆が全力で協力してくれないと
100万とか1000万のセールスの達成は無理なんです。

実際に、超成功している人は
そうやって成功しています。現場の話しです。

だから、奇跡を狙うしかないんです。
つまり、運ですね。運。

運気を磨いたほうがいいってことです。
マーケティング練習するよりも。

人格の低い人は、マーケティング磨いても成功してません。
だって、人格の低い人って、みんなから応援されないから。

強烈な応援者がいないと成功しないんです。

恋愛も同じですよ?
結婚すら同じです。
応援者がいないとうまくいきません。

ビジネスも同じです。
アフィリエイターやら
プロモーターやら
広告代理店やら
協力者がいないと集客成功しないです。

同じです。全部同じ。

人っす!

人が応援してくれて、ばーんと広がる。これだけっす。

だから、感謝です。

人に感謝する。
人がありがとうと言ってくれることをする。
そして、成功したら、今度はありがとうございますと
言いに行く。

人格のない、ペライ人は成功しても続きません!
みんなが離れちゃうからです。

人格のある人は、粘り強く側近の人が応援してくれるので、
今は大成功していない場合があったとしても
一生を通して、必ずいつか成功します。

結局、愛ってことです。

愛情であり、感謝であり、運気なんです。

これ本当中の本当です。

でも、なかなか伝わらないんです。

1000万売っている現場見ると、一発でわかるのですが、
ジャンプとかって、熱い漫画が売れませんか?
映画だって、心のある映画のほうが見たくありませんか?

それと同じで、ふつーに考えるとわかるんです。

でも、なぜか商売とかになると
マーケティングテクニックを学んじゃう人とか
そういう高額セミナーに手を出す人がいます。
有名な情報教材に頼ってしまう人がいます。

そーじゃないんす。本当に。

情報教材から、心が学べないすよぉぉ。

むしろ、すばらしい芸術を見るとか、
すばらしい感性を表現している作品を見た方が勉強になります。
現場のすばらしいものにふれたほうがいいんです。

あなたにはとっとと成功して幸せになってほしいので、
本音を言います。

マーケティング<感謝

です。

完全に今すぐに暗記しておいてくださいm(_)m



ここまで


posted by 大森 at 18:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と感謝と人格と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら