コピーライティング講座 (5): 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2016年03月11日

コピーライティングの本質とは? コピーライターなら知っておきたい2つのこと

コピーライティングの本質とは? コピーライターなら知っておきたい2つのこと



まずは1つ目  


コピーの歴史と移り変わり  


やはりコピーライターと聞いて 

思いつくのは糸井さんですよね。 


糸井さんとか土屋さんなどの世代を 

第1世代としましょう。 


あのころは 戦後の日本であり 

ちょうど高度経済成長だったころです。 


THE 昭和っていうコピーが多かったですね。 


でも私も 昔のああいうコピーは結構好きですし


日本人気質に合っているコピーが多かったです。 


色々なコピーがありますが 

やはり一番印象に残っているのは  


欲しがりません勝つまでは 


というコピーです。 



やはり このコピーが全てを物語っていると感じますね。 


だから、未だに この言葉が残っているのでしょう。 


この間も たまたま  はだしのゲンを 読んでいましたが 


戦争を忘れないって ためにも  後世に 


残しておきたい言葉ですね。 



そして  時代は21世紀に入り 


そこからは 第2世代となります。 


インターネットが普及して、アメリカ式のコピーがどんどん輸入してきたわけです。 


日本で言えば  神田先生などが それを広めていきましたね。 


2005年ぐらいとか  それぐらいになって  


ようやく コピーライティングというものが一般的に認知されてきたかなー  

って感じはありますね。 


それまで、コピーライターというのは、大企業の一部の人しかいませんでしたが 


それをきっかけに、一般の会社でも 

コピーライターが増えていきましたね。 



そして  2016年以降は  


第3世代になっていく感じですね。 


今まであれば、 アメリカ式のコピーテクニックを使っていれば 

何とかなりましたが、  それももう  


通用しなくなる時代になるわけです。 



もう何度も言っているとおり  


時代は 完全に心の時代なんです。 



特に ネット上で使われている アメリカ式コピーというのは 


もう終わりです。  


そういうのを使っているから、業界全体が悪いイメージになってしまったとも言えるでしょう。 



使えば、使うほど  コモディティ化していくのです。 



もうほとんど化石みたいになってますからね。 



まぁ、正直言えば 


アメリカ式のコピーというのは 日本人には合わないわけです。 


だから、神田先生などが言っているとおり


そのまま使うのではなく、日本式に応用して使う必要があったわけです。 



しかし、これからの時代は応用しても通用しなくなる可能性が高いのです。 




個人的には  また 


昭和みたいなコピーが、流行るのではないかと思っています。 



なんていうか 


日本人らしいコピーですよね。 



まさにおもてなしのコピーというのが 来るのではないかと思っています。 






次に 2つ目ですが 



コピーと言えば、アクセス数を増やすものだと 思っている人が多いと思いますが 


それは違います。 


正しくは、アクセスをコントロールするものです。 



その1つのプロセスとして、アクセスを増やすというのがあるだけです。 



コピーライターであれば 


アクセスを増やすのではなく、減らすことも

できるようにならないといけません。 




今では おかしなことに 


ツイッターでリツイートされているものが 

流行っているみたいな感じになっていますよね。 



ツイッターをメインにやっている人というのは 


このリツイートなどの拡散や炎上を狙ってやっているわけですけど 



ツイッターをメインにやっていない人は 


リツイートされたくないから、やっていないわけです。 



私も後者であり 


あまりリツイートされたくないので 


ツイッターではなく、フェイスブックに書いているわけです。 



そんなんで うまくいくのは 


せいぜい、一部の芸能人ぐらいなものです。 


わざと炎上させている人もいるようですが 


それをやっている人って、 ほとんど2流や3流芸能人だけですよ。 



それにSNSの中でも、ツイッターのユーザーは 


正直いって質が悪いです。 


だから、そんな人を何十万と集めることに意味はありません。 


拡散すればするだけ  消費が早くなって廃れていくだけです。 





じゃあ これからはどうすれば いいのかと






ソウルライティングというものがありますが 


それに近い、ライティングをしている人は 


今後も活躍できると思いますね。 



何でコピーを書いているか と言われれば 



何か 伝えたいことがあるからですよね。 



その想いをドラマチックに伝えるのが いわば 


ソウルライティングです。  


下手なテクニックを使うより、そっちの方がよっぽど伝わりますからね。 

















posted by 大森 at 05:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

コピーライターであれば読んでおきたい書籍 コピーライティング、広告、文章、書籍

コピーライターであれば読んでおきたい書籍 コピーライティング、広告、文章、書籍



一挙 紹介します。 


最低でも  これぐらいは読んでおいたほうがいいでしょう。 




個人的に言えば   ネーミング辞典が 一番好きですけどね。 


コピーの勉強にもなるし 外国語の勉強もできるし  アイデアの勉強にもなる 

まさに 一石三丁 ですよ







bandicam 2016-02-08 03-23-16-143.jpg



bandicam 2016-02-08 03-23-57-857.jpg




bandicam 2016-02-08 03-24-19-402.jpg




bandicam 2016-02-08 03-25-05-040.jpg




bandicam 2016-02-08 03-27-07-130.jpg



bandicam 2016-02-08 03-27-50-091.jpg




bandicam 2016-02-08 03-28-24-405.jpg




bandicam 2016-02-08 03-28-58-048.jpg









bandicam 2016-02-08 03-29-10-210.jpg

bandicam 2016-02-08 03-29-20-148.jpg

bandicam 2016-02-08 03-29-40-598.jpg

bandicam 2016-02-08 03-29-56-696.jpg

bandicam 2016-02-08 03-30-05-360.jpg



bandicam 2016-02-08 03-30-21-365.jpg


bandicam 2016-02-08 03-31-23-029.jpg


bandicam 2016-02-08 03-30-31-296.jpg
posted by 大森 at 03:40 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

コピーライティング講座 LP ランディングページ編 デザインにこだわってはいけない

コピーライティング講座 LP ランディングページ編 デザインにこだわってはいけない



久々の  コピーライティング編です。 


今回は  ランディングページについて  


略して LPです。 

LPというのは  一言で言えば  リストを集めるためのページとなります。 


広告に出ているサイトというのは ほとんど 


HPかLPなんですよね。  


LPの目的は見込み客を集めるということです。 


見込み客  つまり 関心のある人だけを集めるのが重要なんです。 


なので 関心のない人は集めても意味がないんですよ。 


企業のLPなんかは  やはりデザインにこだわっている所も多いですけど 


正直言えば デザインにこだわると 基本的には反応率は上がりません。 



特にネット系やIT系の場合は  なおさらです。 


だって それはそもそも  本質からずれているわけです。 


お客さんはデザインを見たいわけでは ないですからね。  


デザインで一番 反応が高いのは  やはりシンプルなデザインなんです。 


それは日本でも海外でも同じです。 

逆に ギラギラしたページは嫌われています。 


あとはね  お客様の声とかも  あんまり乗せないほうがいいんですよね。 


まぁこれは業種によっても 少し違いますけど  沢山載せるのはよくないのです。 


今なんて ステルスマーケティングなどが普通に行われている時代ですし 

普通にクラウドとかで募集していますからね  

コメント書いてくださーーい  って  笑 


つまり どうどうと  ステマをしているわけです。 


楽天やアマゾンのレビューだって  ほとんどステマです。 


どっちかと言えば  楽天のレビューの方が信頼性は高いですけどね。 


なので  お客さんの声を載せることによって 逆に信用されなくなってしまうということです。 



特にネット系のLPでは それが顕著に現れています。 


ということで  最近のLPを実際に見てみましょうか


 


■現金3分クッキング(無料)



⇒ http://2hk.jp/nf5.html


■迷惑料3000円の黄金の宝くじ


⇒ http://2hk.jp/po1.html


■アマゾンバグ発見機(無料)



⇒ http://2hk.jp/amr.html


■沖縄自由人の完全放置な収入源



⇒ http://2hk.jp/ci2.html


■迷惑料10000円ゴールドラッシュFX



⇒ http://2hk.jp/gr1.html


■世界を旅しながら1日2分で月450万円得ている男



⇒ http://2hk.jp/sf1.html


となっています。 



最近は FXとか投資系ばっかりなんですよね  笑 


  


1つ1つ 解説をしていきたいと思います。 


まずは 現金クッキング  

これは ページ自体は とてもシンプルで好感がもてますけど 

何分 キャッチコピーが悪すぎると 

僕の嫌いなコピーですね  笑 



次は 黄金の宝くじですが 

これはですね  好き 嫌い  好き  嫌い  

嫌いじゃないけどーーー  


嫌いじゃないけど  生理的に無理ーーーーー  って感じですね 


僕がもっとも嫌いな 迷惑を差し上げますっていうコピー  


正直いって コピーライターの人がこれを書いているとしたら 

マジで 引きますね 



次は アマゾンバグ  

これも ページとコピーは  いいですけど  

正直推薦の声は なくてもいいかなって感じですかね。 



僕は ここに名前の出ている人は 全員知ってますけどー 


知っている人から見ると  うん? ってなるやつだよね 笑

 


でも 一番バランスのいいLPではあると思います。 





次は 沖縄自由人です。 


これは  正直 可もなく 不可もなくって感じです。 

少し コピーがありきたりすぎるので  

もうちょっと  インパクトがあった方がいいですね。 


てか 沖縄のイメージとあっていないでしょ  

もっと しみてぃーちゅんどー みたいに 沖縄弁を入れるとか したらいいかもしれない。 


ちなみに  しみてぃーちゅんどーの意味は  さぁ 攻めるぜっ  です。 






・次は またも迷惑料 しかも10000円ですよ 


これはですね  生理的ってよりは  

遺伝子的に無理って感じですね  笑 


この中で言えば  一番嫌なLPですわ  



そして  ラスト 世界を旅しながら 

これは 結構いい LPだと思います。 

しいて言えば 少しページが重たいかなって感じですね。 






  
まぁ  全体的に言えば  


あまり いいLPはないかなーという印象です。 



この中で どれか 1つと言われれば  

やはり 世界を旅しながら のLPが一番いいと思いますね。





これらを参考にすれば  


結構いい LPを作ることができるのでは ないでしょうか。 



ポイントとしては  余計なことをしない  ということです。 


余計な テクニックを使えば使うほど  反応率は落ちていきますからね。 



ビジネスの世界は  信用社会ですから  


その信用を落とすような コピーはやめるべきです。 


そういうテクニックを使えば 少しは お客さんは集まりますけど 


正直いえば  レベルの低い お客さんしか集まらないわけです。 


それでは本当に意味がないと  

大事なのは  数ではなく 質です。  


質がよければ  30人ぐらいでも十分です。  


質がいいってことは  継続的にリピートしてくれる可能性が高いってことですからね。 



PS 


簡単に  LPを作りたいって人は  カラフルがおすすめです。 



LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful(カラフル)」






posted by 大森 at 04:11 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら