コピーライティング講座: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2017年04月18日

我が最強のランディングページをとくと見よ

我が最強のランディングページをとくと見よ


👇

https://www.oomoritakuya.net/




posted by 大森 at 12:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ニュージェネレーションコピーライティング マスタープログラム

どうも、大森です。

今回は、 ニュージェネレーションコピーライティング

マスタープログラムのご紹介です。

略して NCMです。





詳細は こちらのページに書かれているので ご覧ください。↓

http://www.firstchecker.jp/dx/form/1517/

こちらのページにも書いてありますが

先着3名のみと なっています。







私は複数のビジネスに携わっていますけど

一応、本業というか メインはコピーライター業をやっているんですね。

コピーライターだから、 コンテンツも作れるし レターも作れる

だから、商品がどんどん売れていくわけです。

今年に入ってから、 すでに100本以上のコンテンツを作って

9本以上のセールスレターを書きました。

メルマガやブログでも言っているとおり

今年は、次元上昇の年だから。

それぐらい マジでやっているんです。

だから、このプログラムで

あなたも 私と一緒に次元上昇しませんか?

というオファーなんです。





今回新しくなった NCMは

実践サポートを中心にしています。

今までは コピーを教えるだけでしたが

今回からは、 コピーを教えたうえで

私があなたのコピーを手伝います。

手伝うというか、一緒に作業をしていくことができます。

なのでもしあなたが

ブログやHPやLPやセールスレターやコンテンツや電子書籍などを

作りたいと思っているなら

私がお手伝いして、 一緒に仕上げていく プログラムとなっています。

なので、一人で作業しているときよりも

数倍早く成果を出せるようになります。

なぜ ニュージェネレーション なのかといえば

コピーのテクニックも、 次の時代が来ていて

今までのアメリカ式のコピーは通用しなくなってきているからです。

コピーライティングに詳しい人であれば

アメリカのコピーを学んでいる人が多いと思いますが

残念ながら、 アメリカ式コピーは

どんどん通用しなくなってきています。
(魂レベルの高い日本人にはそもそも合わないんですよね)

それが通用するのは、 ほんとに何もしらない
情報弱者だけです。

情報弱者の人を集めたいなら、 それでもいいでしょうが。

そんなレベルの低い人たちを集めたところで

ビジネスはうまくいきませんよ。

ネットビジネス系で 失敗している起業家の多くは

情報弱者の人ばかり集めているから、失敗して 倒産してるんです。

そうゆうレベルの低い人になりたいなら それでもいいでしょうが

一流になりないのなら、 やめたほうがいいです。

コピーライティングといえば、 アクセスを集める技術みたいに

思っている人も多いですが、  それは間違いです。

正しくは、 アクセスをコントロールする技術です。

それができてこその 一流です

実際に 私は、 アクセスを増やしてほしい という依頼だけではなく

アクセスを減らしてほしいとか 逆SEOしてほしいとかの依頼も受けたことがあります。

特に ネットビジネスなどの オンライン主体のビジネスをやる人であれば

コピーライティング技術は必須です。

今では動画技術の方が大事だと言われますが

動画だって、コピー力がなければ  売れるようにはなりませんからね。

しかし、 参加するためには 一つ条件があります。

それは、ちゃんと 実践をしてほしいということです。

だって、あなたがちゃんと実践しないと

私だって、 手伝うことができませんからね。

そこはちゃんと やってください。

あと 北海道に定期的に来れるという人は

北海道で勉強会も行います。

勉強会というか、 集まって、一緒に作業していきます。

直接 教えて、 直接 私が作業をするので

現場レベルでの作り方などがわかります。

私は直接現場レベルで教えるのは、滅多にないので

かなり貴重です。





特に募集期限などはないので、 いつでも参加できますけど

3人


入ったら 締め切ります。




PS

今年は本当に頑張った人と  頑張らなかった人とで

格差がつきます。

それは私が言っているのではなく、 本田健さんやアンソニーロビンズなどの

大成功者の人たちがそう 言っているのです。

次元上昇して、 次の時代の波に乗るのか 否か

今年は、破壊の時期で、みんな不安をかかえていて

あまり、実践をできていないんです。

周りがやっていない時期にやるから、成功するんです。

コピーに関することは ここですべて学べます。

一緒に頑張っていきましょう。
posted by 大森 at 04:21 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

レベルの低い人を何千人と集めても意味がない

レベルの低い人を何千人と集めても意味がない



意味がない。  意味がない。  意味がない。 



大事なので、4回言いました  笑



アクセス数にこだわっても、まじで意味がない。 



広告とかで稼いでいるなら、 ただアクセスを集めるだけでもいいんだけど。 



それ以外のマネタイズをしているのなら、ほとんど意味はない。 




コピーライターといえば、 アクセスを集めることだと  


勘違いしている人がいるけど  


質のいいお客さんを、それに見合った数だけ集客するのが


本物のコピーライターです。 



お互いのwin−winの関係を築くのも大事なことです。 



だから、質の悪い人を何千人と集めても意味がないんですよね




一時期は無料オファーが馬鹿みたいに流行っていましたが  



ほとんどの人はうまくいかず、失敗に終わってしまいました。 



そりゃあ、そうですよね。 


バカぐらいしか釣れないような 

LPで人を集めているわけですから  


当然、質の悪い客しか集まらないわけですよ。 



レベルの低い人を1000人集めるのと 



レベルの高い人を20人集めるんなら 



後者を選ぶのが正解でしょう。 


本当に質のいいお客さんであれば、20人でも十分ビジネスが回ります。 



1000人相手にやって、 100万円稼ぐと 


20人相手にやって、100万円稼ぐのだったら


後者の方が楽ですし、時間もできます。 


つまり、winーwinの関係を築きやすくなるわけです。




だから、無理に人を集めても意味がないんです。 


逆に色々なトラブルを呼んでしまうことだってあります。 



ネット系で稼いでいた人たちの中で、倒産をしていった人たちは 


まさにこのタイプです。 



レベルの低い人たちを集めすぎたことによって、倒産してしまったのです。 



まぁ 自業自得ですよね。 


だから、アクセス数とか 再生回数とかは ほんとどうでもよくて 


問題は その中身である。 


中身は濃いのか?  詰まっているのか? 質はいいのか? 



そこがもっとも重要なポイントですね。 



数字にこだわっているぐらいなら、 お客さんに拘るべきですよ。  まじで。

















posted by 大森 at 19:51 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら