全仏オープンテニス 錦織圭はベスト8になるも課題が残ったね: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2017年06月08日

全仏オープンテニス 錦織圭はベスト8になるも課題が残ったね

全仏オープンテニス 錦織圭はベスト8になるも課題が残ったね


松岡修造さんも、このままのメンタル面では優勝することはあり得ないと 


コメントしていましたが、 ほんとその通りだと思います。




結果としては、  過去最高のベスト8までいったけど 


内容はけっしてよかったわけではない。 



スコアを見てもわかるとおり、  結構オンオフが激しい試合が多かった。 




そして、 もう一つのデータがある。 



それは、 圭くんは 第1セットを 落としたほうが、 勝率がいいということです。 



他の選手はほとんど、 先にセットを取った方が勝率いいのですが 



圭くんの場合は、 全く逆です。  


これは、 トップ選手の中では  圭くんだけの特徴なんだよね。 



つまり、 他の選手よりも、 リズムが遅いというか逆。 


スロースターターなのですよ。  


だから、第1セットが あまり調子がいいと、 逆にその後が 崩れてしまうことが多い。 



リズムが崩れるから、 メンタルも崩れていくのかも  しれないね。 




圭くんも、 そのへんを調整していかないと、  トップ10から 落ちる可能性すらあります。 




なぜなら、  ニュージェネレーション世代の活躍が  はんぱないからです。 



ズベレフは 前の大会で ジョコビッチに勝ったし 


ティエムも ジョコビッチに勝って、 ベスト4になりました。  



圭君と戦った、  韓国の選手も その世代です。 




今のテニス界は、 若手の新時代が  到来しているのですよ。 


そこに フェデラーやナダルなどの ベテラン勢がいて 



圭君は そのちょうど真ん中の 世代になりますね。 


その世代だって、  ラオニッチとか ディミトロフとか  


圭君の ライバルになる選手が沢山います。 




なので、 うかうかしていると、  一気に戦力図が変わるかもしれませんね。 



まさか、 ティエムが 6−0でジョコビッチに勝つなんて  



誰が予想したでしょうか?   


ジョコビッチが 0で落とすなんて 何年ぶりだろうね。





ほんと、群雄割拠の時代になりましたわ。









posted by 大森 at 11:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450675421

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら