レベルの低い人を何千人と集めても意味がない: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2016年12月20日

レベルの低い人を何千人と集めても意味がない

レベルの低い人を何千人と集めても意味がない



意味がない。  意味がない。  意味がない。 



大事なので、4回言いました  笑



アクセス数にこだわっても、まじで意味がない。 



広告とかで稼いでいるなら、 ただアクセスを集めるだけでもいいんだけど。 



それ以外のマネタイズをしているのなら、ほとんど意味はない。 




コピーライターといえば、 アクセスを集めることだと  


勘違いしている人がいるけど  


質のいいお客さんを、それに見合った数だけ集客するのが


本物のコピーライターです。 



お互いのwin−winの関係を築くのも大事なことです。 



だから、質の悪い人を何千人と集めても意味がないんですよね




一時期は無料オファーが馬鹿みたいに流行っていましたが  



ほとんどの人はうまくいかず、失敗に終わってしまいました。 



そりゃあ、そうですよね。 


バカぐらいしか釣れないような 

LPで人を集めているわけですから  


当然、質の悪い客しか集まらないわけですよ。 



レベルの低い人を1000人集めるのと 



レベルの高い人を20人集めるんなら 



後者を選ぶのが正解でしょう。 


本当に質のいいお客さんであれば、20人でも十分ビジネスが回ります。 



1000人相手にやって、 100万円稼ぐと 


20人相手にやって、100万円稼ぐのだったら


後者の方が楽ですし、時間もできます。 


つまり、winーwinの関係を築きやすくなるわけです。




だから、無理に人を集めても意味がないんです。 


逆に色々なトラブルを呼んでしまうことだってあります。 



ネット系で稼いでいた人たちの中で、倒産をしていった人たちは 


まさにこのタイプです。 



レベルの低い人たちを集めすぎたことによって、倒産してしまったのです。 



まぁ 自業自得ですよね。 


だから、アクセス数とか 再生回数とかは ほんとどうでもよくて 


問題は その中身である。 


中身は濃いのか?  詰まっているのか? 質はいいのか? 



そこがもっとも重要なポイントですね。 



数字にこだわっているぐらいなら、 お客さんに拘るべきですよ。  まじで。

















posted by 大森 at 19:51 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445086698

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら