コピーは カレーの如く 1日寝かせて 熟成させるべし: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2016年11月13日

コピーは カレーの如く 1日寝かせて 熟成させるべし

コピーは カレーの如く 1日寝かせて 熟成させるべし


普通の記事などであれば、別に寝かせる必要もないのだけど。 



クライアントの依頼などで、コピーを作るときは


熟成させた方がいいよね。 


特に セールスレターなどの長い文章であれば、なおさらです。 



本来であれば、 3日ぐらいは寝かせてもいいのだが、 


依頼されているということは、期限がありますから  


3日も取れないことが多い。  時には熟成させている暇がないこともある。 




例えば、 一週間で レターを作るとしたら  


だいたい、 最初の3日〜5日ぐらいは リサーチなどに時間をかけ、 


アイデアを出し、それを整理する作業になります。 


そして 残りの1日ぐらいで レターを書き、 


残った時間で 見直し&熟成させる。  


ここで大事なのは、 クライアントに提出する前に  


1日寝かせるということ。 


そうすることによって、 文章を客観的に見ることができ 


間違いや新しい発見などを見つけることができるわけです。 




そうした方が、いい結果になることが多いですからね。 



だから、 クライアントとして頼む方も 

できるなら、 1〜2週間ぐらいの時間をとれるようにすべきだよね。 



たまに 1日や2日で  書いてくださいなどと言われるが。  



それだと、リサーチの時間などを削ることになるから、 


どうしても、コピーの精度は若干 落ちてしまいます。



早ければ いいってもんじゃないのよね。





posted by 大森 at 20:14 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら