株式投資家必見 会社四季報の見方: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

2016年09月19日

株式投資家必見 会社四季報の見方

株式投資家必見 会社四季報の見方



株式投資の学習といえば、 会社四季報です。 



これが王道であり、原則です。 


初心者の人であれば、まずはここから始めていくのがいいでしょう。




そんな会社四季報ですが、沢山の情報が書かれており 



どこを見て、どのような基準で考えればいいのかと 



今回は、その中でも大事なポイントを紹介します。 


金融収支は 黒字が多い方がいい

自己資本利率は 高い方がいい

有利子負債は 少ない方がいい

株主資本は 多い方がいい

分割原資は多い方がいい

有価証券含み益は多い方がいい

ついでに

外国人の持ち株比率が高いと 人気が出る

出来高がいいと 人気が出る。





あとはキャッシュフローが きちんと回っており、 


営業利益も出ていることが大事ですね。 



更に言えば 


ROEは15%以上で

売上高営業利益率は10%以上で

有利子負債は5年分の純利益で返済できると、 なおいいとされています。 







そして、会社四季報といえば  



やはり、見出しが一番特徴的といえるでしょう。 




見出しというのは、 黒い太字で 

反落、続伸、横ばい、最高益 などと 書かれている部分のことです。 



もう  この一言にすべてが詰まっていますからね。 



特に 最高益や反発などと、書かれている企業はポイントなので 


チェックをしておきましょう。


 









posted by 大森 at 21:52 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら