コピーライティングは王道? 邪道?  伝わるコピーとは?: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2016年08月13日

コピーライティングは王道? 邪道?  伝わるコピーとは?




コピーにも王道と邪道がありますが  


ほとんどの人は、王道を軽視しています。 


なぜなら、コピーといえば 少し奇抜で、インパクトのある文章を

書かないといけないと思っているから


しかし、コピーの本質は王道です。 


つまり、当たり前の事実、ベタな表現こそが土台になるわけです。 



売れている漫画だって、ほとんどは王道のストーリーです。 


邪道は部分的にしか存在しません。 



例えば  電動自転車のコピーを  考えるとしましょう。 



これを邪道的に表現すれば 


高い車より、安い自転車に乗り換えません? とか 


こがなくていい  ただ座るだけで前進します  とかですが 



王道的な表現なら 


楽々 すいすい  


重い荷物も坂道も苦にならない   みたいな表現になります。 



確か 実際に使われているコピーは 


お母さん 坂道も買い物も楽チン みたいなコピーで  


王道コピーが使われていて、それで売れているわけです。




なので、王道を馬鹿にしてはいけないのです。 



当たり前があって、その上に付加価値が存在するのです。 



 


タグ:コピー
posted by 大森 at 18:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら