コピーライティングのあり方 アクセスを爆発させてはいけない バズらせてもいけない: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2016年01月13日

コピーライティングのあり方 アクセスを爆発させてはいけない バズらせてもいけない

クレーム処理? 

どんなビジネスであれ

クレームやら 

悪口やらは 多少はあるものですが 

まぁー  中には すごい 

レベルが低いといいましょうか  

意味不明のクレームなどもあるわけです。 


特にネット系の場合は 普通のビジネスより

多いのではないでしょうか。 


まぁ コピーで煽って買わせたりしているところは 

沢山ありますからね。 

実際に そうゆうクレームがあまりに多すぎて 

潰れてしまった会社も 6社ぐらい知ってます 笑 


ハンターハンターのフェイタンだったら 多分  自業自得ね 

って言うかもしれませんね。




コピーは確かに 利益を最大化にするもの かも知れませんが 

それは最初の段階に過ぎません。 


いつまでも そこにこだわっていたら 

次のステージへいけませんからね。 

それが一番問題だとも 思っているわけです。 


あと よくあるのは 


このサイトをバズらせるには どうしたら いいのかという 

質問 


いやいやいや  ちょっとまてと 

そのサイトバズらせて 本当に大丈夫なのかと

サーバーは持つのか? 

バズらせてどうしたいのか? 

どこに誘導したいのか?  などなどが 

ちゃんと明確でないと  バズらせても 

何の意味もありません。 


そもそもアクセス数もそこまで いらないんだよね。 


 1日500アクセスとかでも 十分にマネタイズはできるでしょ 


むしろ 500で何の成果もないのなら 

それを10万にバズらせても  ほとんど効果はないでしょうね。 




あと  木坂和佐ラジオでも 少し言っていましたけど 


ちゃんとコピーを読んでいない 人が多いなと 

説明欄も読んでいない 金額も読んでいない  何も読んでいないと 笑


そうゆうお客さんもたまーに いるんですよね


読んでないから 開催日はどこですかーとか 期限はいつまでですかー

っていう  謎の質問がやってくるわけです。 


別に購入しない人は 読まなくてもいいですけど 

購入しようとする意思があるんなら 

ちゃんと読んでくれって 感じですねー 


ちゃんとした人だけを集めるコピー というのは 

なかなか難しいなと 感じる今日このごろであります。 


個人的には100%を目指したいところだけど 


残念ながら 200人いたら 3人ぐらいは 

あれ おかしいぞ って なってしまう 笑
 

PS 


投資とチェスって かなりマインドの部分で共通点が多い

おそらく 将棋とかチェスとか囲碁とかをやっている人であれば 

おのずと 投資でも勝てるようになるでしょう。 


有名な投資家の中には 意外とチェスプレイヤーも多いからね。 


羽生さんの言葉を借りるなら 

大局感と直感が大事になるわけですよ。 
posted by 大森 at 20:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432521270

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら