古典を読むことの真髄とは: 大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

2015年04月11日

古典を読むことの真髄とは




よく古典を読むことが


大事であると

言われていますが



最近になって

ようやくその意味が

少し分かってきたかな

と思う


古典文学とは

要は 昔の人が書いた

本である


比較的新しい文学と言えば

雪国とか 坊ちゃんとか
羅生門とかの小説


哲学でいえば

ニーチェやマルクスなど

昔のものであれば

それこそ

聖書などが

古典になります



古典は古い作品なのにも

関わらず


現代になっても

読まれているということは


そこに 何かしらの価値が あると言うことである


もっと言えば

普遍的な何かであり

真理に近いものがあるのだと思う



何故なら

全ての時代の人々が

それを読んでいる


必要としているから

それが 現代にまで


引き継がれているのである


特に 聖書などは

分かりやすいと言えるでしょう


宗教や哲学や神話があるから


現代の作品が生まれていると言っても過言では

ありません


全てを辿ってみると


そこに いきつくのです


歴史上

もっとも

時代の変化が早い


この現代だからこそ



古典文学のマインドが

大事なのではないでしょうか


ただ 目の前にあるものを追いかけても



本当の自由は

手に入らないものです



古典はまだまだ


知らないことだらけですが



少しずつ 学んで

いきたいと思いますね



そして それを



ブログなどにも


書いていきますので



その影響があるから



最近は


哲学チックな記事が


多いわけですよ



PS

アドラー先生の
嫌われる勇気は

オススメです


聖書は電子書籍のやつがオススメです



普通の書籍よりも

読みやすいと思います
posted by 大森 at 01:36 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク



出品中の商品はこちら