大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

2016年11月27日

都会の不動産がぼったくりに見てしまう件について

都会の不動産がぼったくりに見てしまう件について




最近は、  色々と不動産を見たりしているのですが。 


基本的に地方の不動産を見ているので、 


それを見てしまうと 


やはり、都会の不動産がぼったくりに見えてしまうっていうのはありますよね。 



どんだけ、土地の価格高いねんって感じです。



例えば、 最近みた中ですげーと思ったのは 


5万円で 5LDKの家です。 


ついお気に入りしてしまったほどです。


こうゆうすごい物件が地方にはたくさんあるわけですよ。 



軽井沢の方とかも、空室が多いので、いい部屋があったりと  


おどろきのろきです。 



それに比べて、都会の物件はひどい。 


高い物件だけでいえば、 もちろん都会の方がいいやつが多いのですが 


安い物件は、やはり地方の方がお得なことが多いですよね。 




ボロボロのアパートで、1kで、敷金、礼金、手数料とか全部あって 

4万円とかさー  


ひどくなーいって話です。 



地方の方であれば、そんな手数料とかはほとんどかからないですもん。 



あとやっぱり、都会の業者さんの方が 


あやしい人が多いね。 








タグ:不動産
posted by 大森 at 14:28 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功マインド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金がないは嘘!!! 堀江貴文のQ&A「問題はバカなこと!?」〜vol.773〜 国家ぐるみのぼったくり


堀江貴文のQ&A「問題はバカなこと!?」〜vol.773〜


いやーほんとそのとおりだねー。 


お金はあるけど、 その使い方を知らない。 


だからお金がない人ほど、 無駄遣いを多くしている。 


家族がいるならともかく、一人暮らしでそんなに出費するはずがない。





スマホとかの通信費とか 車とか オプションとかさ


使っていないものに、お金を出しすぎなわけよ。 


あと、多いのは、  たばこと酒とギャンブルね。 


それらをしていて、お金がないとかいっているやつは 


バカとしか思えない。


もうーそんな人は知らないし、政府だって見捨てるでしょうね。 


生活保護だって、もっと厳しく規制されていくでしょう。



もうカイジと同じ状態になっているわけですよ。



よくおじさんとかが、 ビールを飲まないとやっていけないんだー 


とか言ってますけど  


それはもう、アルコール依存ですからね。
(本人は気づいていないパターンが多いけど)





それは国や地方の財政にも同じことが言えて 


お金は普通にあるけど、 みんなして無駄遣いをしているから 

圧迫しているだけのことです。 



 

PS 



今は格安スマホとか格安SIMがあるけど  


昔はなかったわけですよ。







3社で独占をしていたから、 同じような価格でしか提供することができなかったわけです。 



つまり、言い方を変えれば  


ずっと、ぼったくりをしていたわけですね。 



銀行とかもそうだけど。


日本にはこうゆう、国家ぐるみのぼったくりが多いですからね。  


そうやって、国民から搾取していると。 



仮想通貨が普及しないのも、 そうゆう既得権益が働いているからです。 



だから、日本では ネガティブなニュースばかり流して 


悪者にしている。 



今や、仮想通貨は世界で30%ほどの人が持っていると言われています。 



それにたいして、日本ではどうでしょうか? 


先進国にもかかわらず、 1%もいないのが現状です。 









タグ:堀江貴文
posted by 大森 at 00:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功マインド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

フランチャイズ オーナーの闇。 売り上げは虚栄と知れ

フランチャイズ オーナーの闇。 売り上げは虚栄と知れ



たまたま、フランチャイズオーナーさんのドキュメントを見ていたのですが 



やっぱり基本は地獄ですよね。 



その方は、  年間の休みが 0日で  

年収がおよそ300万円ほどでした。 



休みなしですからね 


どんだけブラックやねん。 


 



人は なぜフランチャイズをやりたがるのか? 



それは、 すでに成功しているモデルがあり  

一から作る必要がなく、リスクが低いから、起業がしやすいということです。 



でも、それが落とし穴なんですよね。 



よく、フランチャイズの広告や説明会などでは 


年収 1000万円以上も可能とか 

本部の売り上げをばかみたいに自慢していたりするわけで 



ほとんどの人はそれに騙されてしまうのです。 



年収1000万円以上を継続的に得ているオーナーさんなんて 


全部のフランチャイズ、合わせても  2%もいないだろう。 



継続的っていうのがポイントなんですよ。 



単発で超えることがあっても、 それを数年以上継続できないのがほとんどです。 




それにそうゆう、うまくいっている人というのは 


元々ビジネスをやっていた人とか 


大企業でバリバリ活躍していた人とか 


凄腕の営業マンとか そうゆう人だけですからね。 



ビジネスはそんなに甘いものではない。





次に 売上自慢ですが。 


本部の売り上げがいくら上がっていたとしても、 


それに伴って、加盟店の売り上げが上がるわけではありません。 



現実はその逆で。 


本部が好調ってことは、 それだけ多く 

苦しんでいるオーナーさんがいるってことです。 



最近でもないけど、 結構裁判沙汰になるケースも多いです。 





それに私から言わせれば、  フランチャイズの方がよっぽどリスクがあるわけですよ。 




誓約と制約に縛られているわけですから、ほとんど自由なんてものがありませんし。


本部の商品を扱うわけですから、 付加価値をつけることが難しく 

コモディティ化してしまう。 


 




それだったら、 他のマイクロビジネスとかやった方がいいですね。 



フランチャイズをするときっていうのは、 最初に数百万円のお金を払って、開くのですが。 



はっきりいって、その数百万円をどぶに捨てているようなものですよ。 






人生で大事なのは、  金より時間なわけです。 



そこらへんのオーナーになってしまったら、  その大切な時間を失ってしまいますよ。





PS 



そもそも  フランチャイズという仕組み自体が問題で 


ほとんどブラックに近いグレーモデルである。 


だから、契約書なども曖昧にされてしまったりするわけですよ。


業界全体で それを良しとしている。 


そこらへんの詐欺師よりよっぽどたちが悪いと言えるでしょう。



 







 





posted by 大森 at 22:36 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス基本学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら