大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2016年04月30日

ドンキホーテの成功はコピーライティングによるものです

ドンキホーテの成功はコピーライティングによるものです


みなさんご存知のドンキホーテですが 

一番の成功理由はやはり コピーによるものです。 


特に大きいのが あのPOPです。 


最初は 人件費を使っていたのですが 

それをやめて、POPなどのコピーを利用することによって、成功しました。 


コピーライティングのメリットは 

利益の最大化とコストダウンですからね。 

それによって、接客をする人や営業をする人を大幅にカットできるわけです。



そして あの商品陳列方法。 

ダンボールのまま置いていたり、わざとジャングルみたいにスペースを作って 

宝探しをしているような空間を作り出したというわけです。 


あと BGMマーケティングも利用しています。 

確か 独自のBGMで アップテンポの曲を流したほうが 

購入率が上がるというデータがあります。 


私も 店舗プロデュースなどのときにも 言っているのですが 

結構 BGMって大事ですからね。 


BGMは音楽だけではなく、ラジオや音楽家やYOUTUBEや 

色々とやり方があるので、 自分のお店に合ったBGMを選ぶことが大事ですね。 




PS 

といっても  北海道は ドンキホーテ少ないから 

あんまり行くこともないですけどね 笑







posted by 大森 at 02:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功マインド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

GWキャンペーン開催中 アルテマとコピーが50%OFFです。

GWキャンペーン開催中 アルテマとコピーが50%OFFです。


私の人気教材の1つでもある、アルテマコンテンツボックスが 


今だけ 50%OFFで購入できます。  

詳しくはこちらをクリック 

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d169583279



あと この間 募集をした  コピーライティングマスター講座も 

50%OFFで参加することができますので  

お申し込みは  コピーライティングカテゴリーの方からどうぞ 


どちらも  5月5日までとなっていますので、ご注意ください。 


両方とも分割払いにも対応しています。


posted by 大森 at 20:06 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功マインド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェスと将棋の違いと共通点について やっぱり羽生さんってすごいよね

チェスと将棋の違いと共通点について やっぱり羽生さんってすごいよね


今回は チェスと将棋を色々比べてみましたー 


・チェスの盤上は8×8だけど、将棋は9×9 

・将棋では王を詰むのは、反則負けとなってしまうが 

チェスでは詰むことができる。 


・将棋は日本人口の10分の1ほどが競技人口だけど 

チェスは世界人口の10分の1ほどが競技人口である。 

・チェスも将棋も発祥はインドのチャトランガである。 

チェスは西洋に広がり、将棋は東洋に広がった。 

・将棋では 序盤は静かな立ち上がりだが 詰むときはダイナミックに駒が動く 

チェスでは序盤からダイナミックに動くが、終盤は駒がなくなるので 静かになっていく

つまり リズムが逆なので、同時にやるのは難しい。 

・チェスでは駒は使えないが 将棋では相手の駒をとったら それが使える。 

・チェスは左下から 横軸 縦軸が決まるが 

将棋は 右上から決まる。 

・将棋には引き分けがないが、チェスにはステイルメイトといって 引き分けにできる。 

・将棋では同じ局面が4回出ると 千日手で引き分けだが 

チェスでは同じ局面が3回出たら 引き分けになる。 

・将棋と比べてチェスの方が先手が有利である 

なぜなら、ポーンは最初だけ2マス動けるから。 

・チェスでいう ビショップとルークとナイトは 

将棋でいう 角と飛車と桂馬である。 

・桂馬は前にしか行けないけど、ナイトはどこでもいけるから かなり強い

・将棋では相手の3段目に入れば 成ることができるが 

チェスでは ポーンが相手の1段目に入れば プロモーションすることができ

パワーアップする。 

・将棋では大駒は犠牲にしたりしないけど 

チェスでは普通に強い駒でも犠牲にしちゃう

・将棋と比べるとチェスの方がやりやすいというか シンプルである。 

・ポーンは斜めの駒をとれるけど 前の駒はとれない  

歩はまったく逆で 斜めがとれない。 

・将棋では玉が攻撃に出ることはないが 

チェスでは終盤のときにかぎり、キングが攻撃に出ることもある。 

・将棋はミスしても挽回できる局面もあるが 

チェスは相手の駒が使えないので、一度のミスでゲームオーバーになっちゃう。

・将棋は記録係がいて、時間は秒読みスタイルだが 

チェスは記録は自分でやって、時間はフィッシャースタイルである 


・将棋は段位だが、チェスはレーティングで図る。 


・どちらも真剣にやれば、精神が削れるので 体重が減るよね。 

・ 一説によれば、戦国時代では相手を倒したら、相手を捕虜として利用していたので

そこから将棋も相手の駒が使えるようになったと言われている。

・一説によれば、ヨーロッパの戦争などで大砲を主に使っていたことから 

チェスはダイナミックに動けるようになったのである。 

そして、戦争をやめるため いわば代理戦争として チェスが使われていた。

・18世紀に出来た、チェスを指す機械 タークがあったからこそ 

現代のPCができ、人工知能ができたと言われている。 







・羽生さんは将棋でもチェスでも日本一になったことがある 

そして今なお5本の指に入る実力者である。 

将棋の合間にチェスの大会などに出ている

やっぱすごいよね 天才だよね アンビリバボー







posted by 大森 at 03:02 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら