大森の成功マインドイノベーションブログ〜成功への旅は脳内から始まる〜

大森のシークレットベースメルマガ  500人限定です。

* indicates required

2015年10月31日

有名なヒットソングの歌詞 伝わる文章だからこそ売れるわけですよ

有名なヒットソングの歌詞 伝わる文章だからこそ売れるわけですよ



1 誰かが言った言葉がきになって 

2 こんな星の夜はすべてをなげだしくて 


3 いきたいよ 君のところへ 小さくても  


4 もしも 世界が変わるのなら 


5 はてしなく 遠い明日へ 僕たちはいきを切らして歩く 




6 このさよならが旅立ちならば 

7 声がかれるまで歌い続けて 

8 さよなら きみのこえをだいて歩いていこう 

9 運命のルーレットまわして 

10 かわいた さけびがー 

11 もっと強く 君を抱きしめたら 

12 だけど とびうおのアーチをくぐって 


13 そばにいるだけで カラダじゅうがあつくなる 


14 きづいたの あなたがこんなに胸のなかにいること 


15 君とであってから いくつもの夜をかたりあかした 


16  走る雲のかげをとびこえるわ 

17 夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 偶然じゃない運命の中で
君のきせきを信じてる   

18 今宵月はどこをてらすの  

19 僕にも愛せると その手を重ねて 


20 まわるまわるよ 時代はまわる  

21 ただ泣いて笑って すごす日々に  

22 きおくのなかで ずっとふたりはいきてゆける 


23 とらわれた屈辱は反撃ののろしだ 

24 どこまでも かぎりなく ふりつもる あなたへの想い 

25 粉雪 ねぇ心まで白く染められたなら  

26 今年最初の雪の花を 二人よりそって 

27 夏がまだくるまでは  

28 どこで壊れたの フレンズ 

29 今まで見たことのない 泣き顔を  

30 いつだって少しの未来があれば 

31 きみをもっと 夢中にさせてあげるからね 

32 つかめ 描いた夢を まもれ 大事な友を 

33 会いたくなったら またここにきてよね 

34 きっと何年たっても こうして かわらぬ気持ちで 

35 あなたの過ごした日々を 

36 きみさえいれば はるかな道もこえてゆける 

37 きみにささぐ ただひとつのあいが 

38 このよであなたの愛をてにいれるもの 

39 もしも二人 深く思えて いつかここで 

40 どこまでも はてなく 

41 とれいん とれいん どこまでも 

42 みえないものを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ 

43 涙のむこうがみえるの 輝いている ちいさなまどには

44 恋しちゃったんだ たぶん きづいてないでしょう 星の夜願いこめて

45 瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらにいることで 

46 あいたい あいたい 忘れはしない あなたはいまも ここにいるから 

47 あなただけ 見つめてる であったひからいまでもずっと 

48 いつかだれかとこいにおちても 

49 はるかな ぶるーすかい 

50 いつの日もこのむねに 流れてるメロディー かろやかにゆるやかに

51 おもいでは いつもきれいだけど  それだけじゃおなかがすくわ 


52 いつのまにか タイプワイルド  少しずつだけど タイプワイルド

53 もしも うまれかわっても また私でうまれたい このからだとこのいろで 

54 おそれないで ゆうきすてないで 

55 旅立つそらに 出会いと別れ 青春の日々 すべてを描き

56 桜の花びら ちるたびに とどかぬおもいがまたひとつ 

57 ばいばい ありがとう さよなら いとしい恋人を 

58 空ときみのあいだには 今日もつめたい雨がふる
      
59 信じあえるよろこびも きずつけあう悲しみも 


60   1993恋をした きみに夢中

61 わからないことだらけでも ほんとのことだけ さがしてゆこう

62 まりあ だけどしんじていたい  

63 時に愛はふたりをためしている 

64 くりかえす このぽりりずむ  

65 いまはるがきて きみはきれいになった  去年よりずっときれいになった 


66 きずついて こわれそうな日も 涙して こまらせる日も

67 いくつものひびをこえて たどりつい今がある 

68 いつもこころおどるゆめをみたい 

69 まけないで もうすこし さいごまで はしりぬけて

70 つらいとき つらいといえたら いいのにな 

71 だれにもにてない夢のせなかを おいかけて 

72 あなたにあえた それだけでよかった 

73 どこまでも 続く日々を ときにわらい 

74 えいえんなのか ほんとうか 

75 どんな瞬間だってうんめいだって 

76 なつまつり あめあがり むねのたかまりに

77 世界がおわるまでは はなれることもない 

78 ほら 足元をみてごらん それがあなたのあゆむみち 

79 きえそうで さきそうな つぼみが 今年も僕を待っている

80 恋がはしりだしたら きみがとまらない 

81 ざんこくな天使のテーゼ まどべからやがてとびたつ

82 なにかいやになったら できるかぎりで いつだって 

83 情熱よまいあがれ いま 

84 ほら あなたにとって 大事なひとほどすぐそばにいるの 

85 ひとごみにながされて かわってゆくわたしを 

86 うまれたてのぼくらを まえにはただ 果てしない未来があって 

 

87 そのふねをこいでゆけ おまえのてでこいでゆけ
おまえがきえてよろこぶものにおまえのオールをまかせるな 

88 あとひとつぶのなみだで ひとことのゆうきで 願いがかなう

89 恋は スリル ショック サスペンス  みえない力たよりに こころの扉
閉ざさずに 

90 だからおねがい 僕のそばにいてくれないか きみがすきだから 

91 無限大のゆめのあとを なにもないよのなかじゃ 

92 紅にそまった このおれを なぐさめるやつはもう いない 

93 あるきつづけて どこまでいこうか 

94 あーよかったな あなたがいて 

95 あのみちをわたって 

96 さいごはもっとだいてだいて  息もできぬほど 

97 ちかづきたいよ きみのりそうに おとなしくなれない 
can you keep a secret 

98 きょうがとてもたのしいと あすもきっとたのしくて 

99 かわいたかぜをからませ あなたをつれてくのさ 


100   1万年と2000年前から愛してる 



101 あいをこめて はなたばを 

102 すべてをしるのは とてもむりなのに 

103 愛してるのひびきだけで つよくなれるきがしたよ 


104 はてしない ほしのひかりのように むねいっぱいのあいで 

 

105 あの日見た空 あかねいろのそらを ねぇきみはわすれたのでしょう 

106 いつもいつでもうまくいくなんて 保障はどこにもないけど 


107 きみがいないよるだって 

108 ふたりよりそってあるいて とわのあいを形にして 

109 たえまなくそそぐ あいのなを 永遠とよぶことができたなら 


110 こごえそうな季節にきみは 

111 このそらのした おなじ星みあげて悩むぼくらは


112 ありがとうときみにいわれると なんだかせつない 

113 いらない なにもすててしまおう 

114 ひとりじゃないから きみがわたしをまもるから 

115 つみあげたもの ぶっこわして  

116 はしる こうそくの ていこくかげきだん 

117 そばにいる たとえどんなにかなしいゆめだとしてもかまわない

118 はばいたら もどらないといって 探したのは 白い白い あのくも

119 ゆめをおうきみと見守る僕に 同じほしの光がふりそそぐ 

120 このながいながい くだりさかを 


121 はてしないやみのむこうに てをのばそう 


122 こえてこえてこえて ながした涙はいつしか 

123 きみがいた夏は遠い夢の中 そらにきえていった打ち上げ花火 

124 突然のかぜにふかれて 夢中になにかをさがしたね 

125 しろのぱんだをどれでもぜんぶならべて 

126 もう恋なんてしない なんて 

127 ぼくたちは いきるほどに なくしてく 少しずつ 

128 やさしさにあまえてはいたくはない 

129 いとしさとせつなさと心強さと いつも感じてる

130 今年の春はどこにいこうか  

131 例えば きみがいるだけで心がつよくなること 

132 愛なき時代にうまれたわけじゃない きみといきたい 

133 嵐の中で輝いて 

134 どんなときもどんなときも僕がぼくらしくあるために 

135 また君にこいしてる いままでよりも深く 

136 なみだのかずだけ つよくなれるよ アスファルトにさく花のように 

137 まだみぬ世界へ 限界を超えていきたい 


138 ゆめじゃないあれもこれも そのてでドアをあけましょう 

139 桜吹雪よ サライのそらへ











140 思い出まで抱きしめて 二度とお前離さない どんなつらいことからも 
愛を守る 


141 君が嫌いな君が好き 



142 優しさだけを真実に 月の道を歩こう 希望のうた 愛のうたを 



143 君がいる この世界が 輝きにあふれるように 
祈っているいつのひも  


144 泣いてばかりのころの自分が 残してくれた幸せの地図 


145 ずっときみといきてくんだね 僕の背中には羽根がある 
どんな夢もかなう気がする 


146 思いきり だきよせられると心 あなたがでよかったとうたうの 

147 胸に落ちた 白い想いよ どうか何も壊さぬまま 


148 もう一度会いたいと願うのは 痛みさえいとしいから 
ときめきをなくした永遠より あつい刹那を 


149 私が信じた奇跡 私が選んだ未来 私がつむいだすべて 
愛せるように


150 どこへゆけば 傷つくことはなくなるだろう 
荒れ狂う思いが影を潜めている
名もなき僕に失うものは何もない 


151 今絶望をパワーに変えるのは戦いの遺伝子 
運命の歯車をねじまげて 

152 私 あなたのうでの中の愛を知らない熱帯魚だった 
どんなにはげしく泳いだって そこにあるのは涙の海 


153 なにを見つけていこう 時間を切り裂いて 君のそばにいるよ 
それが優しさなら 

154 目を閉じれば 君がくれたいくつもの思い出が浮かんではもう悲しすぎて 


155 生まれ変わったら 桜の下でまた会いましょう きっとそのときには笑って永遠を誓おう 
 愛し愛されてこの命は 芽吹いてさいて 色合わせないまなざしを胸に舞い散る願い
 あぁ あなたに ・・・ただ会いたい 



156 踊る君を見て 恋が始まって あなたの髪にふれ 私ができること なんだかわかった 


157 さよならといえば君の傷も少しはいえるだろう 会いたいよと泣いた声が
今も胸に響いてる 


158 大人になれない僕らの強がりをひとつきいてくれ 

159 君を守るためそのために生まれてきたんだ あきれるほどにそうさそばにいてあげる 


160 君は君だけしかいないよ かわりなんてほかにいないんだ かれないで いちりんの花



161 風に吹かれながら 心ゆらしながら 真っ白な地図を片手に持ちながら
僕らは走りだすよ 夢をかなえるため どんな壁もこえてやる 


162 会いたかった さびしかった でもなにひとつ君に 

163 千本桜 夜にまぎれ 君の声も届かないよ 

164 ただ泣いて笑って すごす日々に となりにたっていれることで 
僕が生きる意味になって 君に捧ぐこのあいのうた 


165 何度傷つけば 痛みも忘れる 赤い血を流せば 命を思い出すさ 

166 男ならだれかのために強くなれ 歯をくいしばっておもいきり守りぬけ 

167 ずっと忘れない 離れてもくじけない いきてゆく今日から
優しさと勇気をくれたよね 

168 会いたいなんてわがままなことかな でもだれよりもあなたを 


169 この声届けたいよ まだ小さな歌だけど 

170 君と夏の終わり ずっとはなして 夕日をみてから星を眺め 
君のほほを流れた涙はずっと忘れない 君が最後まで大きく手を振ってくれたこときっと
忘れない だからこうして夢の中でずっと・・・永遠に 

171 夏の星願いかけた 言葉に出来なかった想い  

172 夏の星座 秋の風も 真っ白な結晶たちも出会えた奇跡が輝きあたえ
ずっと 宝物だから 僕は歩いてゆく 



173 不器用で臆病な僕だけど1つだけ夢があるよ 人はくだらないと笑うけれど 
この道を信じているよ 


174 いつも君のそばにいるよ だからもう一人じゃない 君が道に迷うときは
僕が先に歩くよ 


posted by 大森 at 02:21 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

アメリカ独立の父 ベンジャミン・フランクリンによる13の徳

アメリカ独立の父 ベンジャミン・フランクリンによる13の徳


ベンジャミンフランクリンは 自分の自伝で 

13の徳を説いている。 


節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。

規律 物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。

決断 なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。

節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。

勤勉 時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。
無用の行いはすべて断つべし。

誠実 詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。
口に出だすこともまた然るべし。

正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。

中庸 極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。

清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。

平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。

純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、
身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。


謙譲 イエスおよびソクラテスに見習うべし。
posted by 大森 at 19:56 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功マインド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

ソフトバンクが2年連続 優勝 日本一 セール 

以下 yahooニュースの引用文 

◆2015日本シリーズ ▽第5戦 ヤクルト0―5ソフトバンク(29日・神宮)

 ソフトバンクが前身の南海、ダイエーをあわせて、球団初の2年連続日本一を成し遂げた。神宮で行われた日本シリーズ第5戦。ヤクルトに勝利し、通算4勝1敗と圧倒。4番・内川をけがで欠くピンチにもナインは結束し、貯金41でパ・リーグを制した勢いのまま、日本一へ上り詰めた。

秋山幸二前監督からチームを引き継ぎ、就任1年目となる工藤公康監督は新人監督とは思えない卓越した手腕を発揮。選手層の厚さはもちろん、ナインのモチベーションを高め、一体感のあるチームを作り上げた。異なる監督が率いての連続日本一は、史上初の快挙となった。

 工藤監督は西武時代の1986、87年に2年連続で日本シリーズMVPに輝き「シリーズ男」と呼ばれた。西武、ダイエー、巨人で計11度の日本一を経験するなど「優勝請負人」と称された勝負強さは、指揮官になっても変わらず。選手としても監督としてもルーキーイヤーに日本一と、強運ぶりを見せつけた。

 日本シリーズの連覇は工藤監督が主力だった1990年から92年に西武が成し遂げて以来。常勝・若タカ軍団が工藤監督のもと、黄金時代を迎えようとしている。ここまで 


今年もソフトバンクは強かったねー  

攻撃力は巨人以上  

走 攻 守 で群を抜いていた



posted by 大森 at 22:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功マインド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら