2016年08月25日

チェスと将棋なら どちらがより、美しき残酷な世界であるか

チェスと将棋なら どちらがより、美しき残酷な世界であるか


と聞かれれば  


私は  チェスと答える。 


チェスと将棋なら、断然 チェスの方が残酷な気がする。 



将棋の場合は、些細なミスであれば、まだ挽回できる確率が少なからず残っている。 


なぜなら、相手の駒をとれば、それを味方にできるから 

その分、可能性はある。 


しかし、


チェスの場合は、相手の駒をとっても使えない。 


究極のシンプルゲーム。



シンプルがゆえに美しいと思うこともあるが 

シンプルがゆえに、残酷な場面をよく見かける。 




1手のミスで、ほぼゲームオーバーとなる。 


アマチュア同士なら、まだお互いミスをする可能性があるので、 


勝てる確率がわずかに残るが 



プロ同士だと、もう1%の可能性すら、残されていない。 



そんななかで、最後までやるのも、結構つらいものがあるだろう。 



少し前に  元世界王者のカスパロフと 将棋の羽生さんが 



ニコニコ動画で、チェス対局をしましたけど。 



確か 第一戦 で 羽生さんは、 ポーンを一つ簡単にとられてしまった場面があったが。 
(将棋でいうところの歩です)


結局はそれが敗因になってしまった。 


将棋でいう 歩一枚の差と  チェスのポーン一つの差とでは 


かなりの差があるわけですよ。 



あの羽生さんでさえ、 どうすることも出来なかった。 


それでもう、二度と追いつけないという世界。 



チェスの場合だと、 ミスをしたら 


すぐに投了する人も多い。 



なぜなら、それでもう追いつけないとわかっているから。 




本当にミスが許されない世界だとわかっていながら 


ミスをしてしまう


だから、チェスは残酷なのである。 




いや、むしろ 、ミスを助長する仕組みになっているといえるだろう。


チェスも将棋のように、遅く展開するゲームなら 

まだミスも少なくなるだろうが 



チェスはダイナミックに移動するために、ミスも出てしまう。 


とくに クイーンがそうである。 



クイーンは 


縦  横 ななめ  どこにでも移動できる、一番強い駒であるが 



自由に移動できるほど、難しいものはない。 



それは自由という名の翼か? はたまた 束縛か?


ほとんどの場合は、束縛になることが多い。 


初心者の人はよく、クイーンをたくさん動かしてしまいがちだが 


動いたがために、負けてしまう。 




自由に動けるのに、動いたら殺される。 


まさに進撃の巨人と同じく、 



美しき、残酷な世界がそこには広がっているのですよ。 








PS 




やはり、  将棋とチェスなら 


チェスの方が疲れるというか、精神的なダメージが大きいと思う。 







 





 



 





































タグ:チェス 将棋
posted by 大森 at 03:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

本日発売 インベスターZ14巻のレビュー 不動産対決編

本日発売 インベスターZ14巻のレビュー


今回は 財前と慎二の対決の2戦目 


不動産対決の戦いです。 


一人 5000千万のキャッシュで 

どちらが、 いい物件を購入できるかという 対決です。 



不動産の歴史から、ビジネスモデルまで  


色々なノウハウが記載されています。 



本書にも書いていますが、 


ほんと日本人って、高い買い物には疎いというか  


ケチケチドカーン  タイプの人が多いのではないでしょうか。 


普段はけちけち 節約しているのに 

高い買い物はドカーンと使ってしまうタイプです。 


このタイプはお金がたまらない人の典型的な例ですね。 


高い買い物こそ、 考えて購入すべきです。 


家にしても、車にしても、海外旅行にしても 同じです。 



これは前にも書きましたが 


私も マイホームよりも、賃貸派なのですよ。 



あなたが、お金持ちで それこそキャッシュで1億とか 払えるお金があるなら 


マイホームを購入しても全然いいとは思いますが  



普通の人がマイホームをただ購入するっていうのは 負債でしかないですからね。 



メリットよりも、デメリットの方が圧倒的に多いわけです。 


それだったら、財前が言っているとおり 


賃貸に住んで、資産運用したほうが、 リッチな生活をできるようになるでしょう。 




PS 



隣町に  5LDKで 築30年で  家賃5万円の一軒家を見つけましたけど 


これって、大丈夫なのかね?  絶対 欠陥あるんじゃね。


お化けとか出るんじゃない


あと 山の方だったから、蛇とかも出そうだなー  



できれば  お化けと蛇がいないところがいいね。 



ヒグマは別に出てきてもいいけど、 ヘビは無理だわ。 






  

posted by 大森 at 19:35 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

リオオリンピック 閉幕 レビュー メダル最多の41個

リオオリンピック 閉幕 レビュー メダル最多の41個


いやー  オリンピックが終わりましたねー 


終わったといっても、 ほとんど忙しくて  見れなかったので 


ハイライトしか見てませんがね。 



今回は  最多の41個ということで  


まさにメダルラッシュでしたね。  



個人的には やはり テニスと陸上のメダルが印象的でした。 



テニスは 96年ぶりの銅メダル。 


錦織くんの銅メダルもすごいですが  


今年復帰したばかりの デルポトロの銀メダルもすごかったですね。 



これでテニス界もさらにカオスになっていきます。 


デルポが復活しましたし、 ラオニッチもランキングを上げて 


とうとう 錦織君を抜かしましたからね。  


男子テニスは、史上最高レベルといえるでしょう。 




そして  陸上は やはり、リレーの銀メダルです。 



これはもう、 歴史的な瞬間でしたね。 



前は 銅メダルでしたが、 その時はほかのチームが失格して 


正直 運もあったと思いますが 



今回の銀メダルは、実力でもぎとったメダルといえるでしょう。 


しかも、バトン渡しも少し崩れてのこのタイムということは 


まだまだ、タイムは伸びる余地があるということです。 


その状態で、スプリント大国のアメリカを破っての2位ですから。 


これは 次の東京オリンピックや世界陸上では 


金メダルをとれる可能性が高いですよね。 



しかも、 ボルトは今回で 引退しますから、 日本がトップになれる日は近いでしょう。 





posted by 大森 at 19:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出品中の商品はこちら